外資系CA合格対策会 

bind_16.jpg

英語を使って接客をしたい、
多国籍の方と仕事をし、難しさ、文化の違い、価値観などもっと学びたい
多国籍のお客様と出会い、日本の「おもてなし」を提供したい
海外に住みながら接客の仕事をしたい、など
日系企業ではない魅力が外資系にはありそう

など、上記の希望はすべて外資系エアラインで叶える事可能です。

日系企業にはない魅力が外資系エアラインにはたくさんあります。

日系企業を経験して外資系CAに転職した同期や先輩、また生徒の皆様、また新卒で外資系で働いた後に日系企業に転職した生徒の皆様、また第一線でバリバリ現役として働くCA時代の仲間からの情報をもとにこちらの外資系CA合格対策会行っております。

外資系エアラインが日本人クルーを客室乗務員として採用する主な目的は「日本人顧客獲得のため」です。日本人の方が安心して搭乗できるようサポートする使命が外資系CAにはあります。

そのため外資系エアラインのCAに求められる素質、雰囲気、語学力などは、「外資系エアライン」とはいえ航空会社によってかなり「求める人材」が異なるため、外資系に内定する方も皆様、会社によって全く個性も雰囲気も違います。

現在日本人クルーを募集している外資系エアラインの企業は数多くございますので皆様が今まで得た強みが一番生かせる企業、一番自分らしく働ける外資系エアライン必ず見つかります。

外資系エアラインの特徴は、「欠員募集」の常にいつ募集がでるか分からない状況であり、また本国からのリクルートチームが面接で来る場合、募集してからエントリーシート提出、面接までかなりタイトな時間で試験が行われるのが特徴です。

ですのでいつ募集がでてもいいように対策をし絶対にCAになりましょう!!!


外資系CAを合格対策会

日本語と英語で授業を行います。

<授業の特徴>

① 外資系エアライン準備の段階で何をどう準備していいか分からないから教えてほしい
② 外資系エアラインで働くとは今後、どんな人生が待っているか詳しく教えてほしい※航空会社事にお伝えしております。
③ 日系企業で考えた自己PRや志望動機を外資系で伝えるとしたら何をどう変えていけばいいか?また新しく考えたほうがいいのか?外資系エアラインで求められるものを知りたい
④ 外資系においての第一印象をどう変えていけばいいか教えてほしい
⑤ 外資系の企業研究の方法を教えてほしい
⑥ 英語で言いたいことを伝える準備をどのようにしたらいいか教えてほしい
⑦ 英語のグループディスカッションだった場合、気を付けるべき所はどこ?
⑧ 英語面接で、何を求められているのか分からない。どのような対策をとるべきか教えてほしい・・・


<授業の流れ>

①キャリアージュ代表の西村と現役外資系客室乗務員のAKARI講師が2人で担当を致します。

②お申込みいただきました後、事前のアンケートを送ります。皆様の状況やお悩みなど詳しくお聞かせ下さい。

③ご入金頂きましたのち、当日の授業までに考えて頂きたい事前課題をお渡し致します。

④大阪高槻までレッスン(徒歩1分!)に来て頂きます。 アクセスはこちら

⑤レッスン開始です

⑥授業終了後、分からない所や聞きそびれた所、添削希望のところがございましたらサポートしております。遠慮なくメールにてご連絡下さい。
事前にいくつか授業に必要な課題をメールにて、送らせて頂きますので考えてきて下さい。

何かご不明な点ございましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。

元キャセイパシフィック航空で欧州系の現役客室乗務員AKARI講師のプロフィールはこちら

AKARI先生のプロフィールはこちら

<日程>

次回の日程決まりましたら発表致します!

お問い合わせ・お申込みはこちら